読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

甲状腺腫瘍 手術直後~半年

ほぼ調子が戻る

今日で手術からちょうど半年です。 無事に定期演奏会とその後の定期総会も終わり、ようやく楽器の調子が戻ってきたと感じています。 フルートはほぼ調子を取り戻し、手術前のどうにも気分が晴れずにいい音がしない状況よりはむしろ安定して楽器を鳴らせてい…

手術をしてよかったのか?

ちょっと刺激的な題名ですが、手術をしてから半年が経とうとしているので、この辺りで手術について考えてみたいと思いました。 まず、手術前に感じていた息苦しさは完全に解消されました。この息苦しさは手術前に「甲状腺の腫れが原因だと決まったわけではな…

手術跡を隠すための試行錯誤

4月に入ると、普段ならそろそろハイネックとさよならする時期ですが、今年はそうは行きません。ハイネックのいわゆる機能性下着から綿のハイネックプルオーバーときて、いよいよ対策をしないと首元が無防備になってしまいます。 手術跡を隠すことには賛否両…

手術跡の赤みが引かない!

優肌絆を手術跡に貼らなくなってからだいぶ経ちましたが、それでも手術跡はまだ赤いままです。次の耳鼻科の診察にはまだ1ヶ月半くらいあるので、どうしようかと思ったのですが、アトピーでかかっている皮膚科で手術跡を見せたところ、ドレニゾンテープという…

手術4ヶ月後 2016年3月

いよいよ定期演奏会まで1ヶ月を切り、そろそろコンディションの管理に気を配る時期になってきました。 ただ、不思議なことに、この月に限らず、楽団に復帰してから個人練習へのモチベーションがまったく上がりませんでした。細かいパッセージが完璧にできて…

手術3ヶ月後の診察

2月下旬、市民病院へ耳鼻科の診察を受けに行きました。 傷口を見せて、最近の体調不良についてあれこれ質問をしましたが、特に手術と関係あるものではないそうです。ただ、私の話でちょっと先生が心配になったようで、「じゃ、念のため血液検査しましょうか…

手術3ヶ月後 2016年2月

この月のことは忘れられません。 そもそもの始まりは、月始めに行われる「役員会」でした。うちの楽団の役員にはパートリーダーも含まれるので、もちろん私も出る必要があります。 その日、ほんの少し具合が悪かったのは確かです。ただ、だからといって休む…

手術2ヶ月後 2016年1月

人それぞれ、「体調が悪くなるときのパターン」があると思います。私の場合は喉の痛みと頭痛で、吐くことは滅多にありません。なので、もし具合が悪くなって吐いたとしたら、それは何と言うか、それなりに身体にはダメージを受けていることになります。 ちな…

帰省

余談ですが、私と夫は同郷です。さらに言えば、私と夫の実家および私と夫の母の実家まで含めて直径25kmの円の中に納まるという、帰省するには非常に都合のいい立地となっています(笑)。ただ、自宅からは高速バスと新幹線を乗り継いで4~5時間と、それなり…

手術1ヶ月後 12月下旬にかゆみ発生

手術後からずっと貼り続けていた優肌絆ですが、夜にテープを貼り替えるとき、かゆみを感じるようになりました。その日は週末だったので、週明けに状況を説明して診察を受けようと思い、市民病院に電話しました。 すると、電話に出てくれた看護師さんに「それ…

手術1ヶ月後 12月上旬~中旬

病理検査の結果を知った後の12月の私の記録には「頭痛がして痛み止めを飲む」という記述が何度か見られます。気持ちは落ち着いたつもりでも、やはりまったく平気ではなかったということでしょうか。 その一方で、中旬には手術後初めて高速を使った長距離の運…

これからのことを考える

診察の日はそのまま動揺を隠せないまま買い物に行ったのですが、改めて甲状腺のことをネットで調べてみました。 甲状腺の腫瘍は癌の中ではおとなしいものですが、それだけに再発する可能性があること。予後がよければ診察の間隔は開いていきますが、それでも…

手術1ヶ月後の診察

手術から40日余り、さすがに痛み止めが必要な日は少なくなってきました。この日は、診察後に病院から30分くらいかかる県庁所在地へ買い物に行くつもりで家を出ました。 予約は9時で、その前に血液検査を受けてきてくださいということだったので、8時45分くら…

退院後 11月後半

前のエントリーで楽器のことを書いたので、ここではそれ以外の生活の様子についてお知らせします。 痛み止めを飲まずに済む日が増えたといっても完全に飲まなくてもいいわけではありませんし、まだちょっと長く車を運転することにも不安が残ります。そんな中…

まずパート練習、それから合奏に復帰

パート練習に復帰するといっても、私は当然ながら休団後に指導された内容はまったく知りません。というわけで、11月末のパート練習はKちゃんに指導してもらいました。偶然にもKちゃんが以前レッスンに通っていた先生は私が地元で習っていた先生と大学の同期…

楽団への復帰を考え始める

11月の後半にはぽつぽつと「痛み止めを飲まずに済む日」が増えてきて、私は楽団への復帰を考えるようになりました。 目標は12月初旬ですが、さすがにこの状態でいきなり合奏に出るのはリスクが大き過ぎるので、まずは個人練習で使う某ホールへ予約に行きまし…

退院後 11月前半

私は数年前から体重や体脂肪率と一緒にちょっとした日々のことを記録し続けているのですが、2015年11月の備考欄はほぼびっしり埋まっています。 その記録によると、前半の15日までほぼ毎日痛み止めを飲み、体力を戻すためにウォーキングに出かけても途中で具…

手術後の耳鼻科の診察

退院から約1週間後、私は自分で車を運転して市民病院に向かいました。 当初、私は退院直後は車の運転を制限されると思っていたのですが、入院中の診察で「制限しません」とあっさり言われて拍子抜けしました。ちなみに、自宅から市民病院まではバスが通って…