読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手術前検査(1) 諸検査

手術前検査で市民病院を受診しました。

 

行ったのは、血液検査、出血が止まる時間を計る検査、肺機能検査、心電図、レントゲン撮影でした。あれこれやりましたが、検査そのものの時間よりも待ち時間のほうが長かった気がします。

 

肺機能検査の基準値は身長と体重に基づいて決められるのですが、肺機能検査では検査技師さんに「すごい」と驚かれる場面がありました。興味があったので、肺機能検査の明細をもらったところ、 

肺気量分画

VC(肺活量)/測定値3.45 予測値3.30 %予測値104.7

 

フローボリューム

FVC(努力肺活量)/測定値3.54 予測値3.17 %予測値111.7

FEV1.0(最初の1秒間で呼出した量/1秒間の努力呼気量)/測定値2.91 予測値2.71 %予測値107.3

PEF(最大呼気流量)/測定値7.57 予測値6.25 %予測値121.1

V50(肺の中に50%の空気が残っている状態での呼気流速) 測定値4.32 予測値3.98 %予測値108.6

 

ここに抜き出したのは100%を超えた項目だけなのですが、基準に達していない場合でも70%あれば正常のようで、私の場合は%予測値が70%台の項目は1つ、80%台が2つ、90%台は2つ。合計10項目のうち、5項目が100%越えでした(笑)。

 

肺機能はもちろん、その他の検査結果も含めて問題なし。ただ、週明けに口腔外科での診察があるとのことでした。

 

しかし、それはいいのですが……全体的にすごく説明が少なくて不安になります。結局、帰宅してから市民病院に電話をして耳鼻科に繋いでもらい、必要なものを聞きました。