入院3日目(外泊、手術前日)

夕方までに病室に戻ればいいのですが、この日、私は昼過ぎに家を出ました。スーパーでミネラルウォーターとお茶を買い、向かったのはいつも吹奏楽の練習で使う某ホール。手術前ですが身体に異常はないので、パート練習に参加してきました(笑)。時間の最後までいるとお風呂に入れないので、いつもより1時間くらい早く切り上げて病院に向かいます。

 

病院に戻ったのは16時過ぎでした。荷物を片付けつつ、シャワーの準備をします。入口の札によると次にも予約が入っていたので、大急ぎで入って髪を乾かしました。甲状腺の手術体験記を読んだとき、手術の前日に甲状腺をさすって「明日、私の身体の一部がなくなるんだ……。今まで甲状腺があったから大きくなれたんだよね、ありがとう」などと感慨にふけった記述を見ましたが、私にはそんな余裕はありませんでした(爆)。手術の前日は身体と髪を洗わなければいけないのですが、私はロングヘアなのです……。しかもドライヤーは脱衣所にあるので、髪を乾かして出るまでで30分はなかなか厳しかったです。

 

シャワーが済んだところで主人が病室に来てくれました。天気がよかったので自転車で病院まで来てくれたので、私は安心して主人に洗濯物と楽器を託しました(笑)。

 

夕食が終わるともうやることはないので、この記録をつけつつ本を読みました。明日の手術開始時間はまだ分からないのですが、13時より早くなることはないそうです。消灯から間もなく寝ようとしたのですが、緊張のせいか、なかなか寝付けません。それでも一度寝て、1時過ぎに目が覚めてからはますます眠れませんでした。2時まで我慢して、それでも眠れなかったのでナースステーションに相談に行ったのですが、今からでは薬が残ってしまう可能性があるので我慢してくださいとのことでした……orz。

 

ただそれからは記憶がなく、一応は眠れたようでした。

 

(この記事は後で思い返して投稿しています)