読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

帰省

余談ですが、私と夫は同郷です。さらに言えば、私と夫の実家および私と夫の母の実家まで含めて直径25kmの円の中に納まるという、帰省するには非常に都合のいい立地となっています(笑)。ただ、自宅からは高速バスと新幹線を乗り継いで4~5時間と、それなりに時間がかかります。

 

甲状腺の腫瘍が発覚したのが夏の帰省のときですから、診察のたび、かつてない頻度で実家に電話していました。帰省も無理はしないように言われていましたが、不可能ではないだろうということで帰省することにしました。

 

新幹線はそれなりに揺れるので吐き気止めを持参しましたが、飲まずにすみました。経緯が経緯なので、いつもは顔を出さない親戚のところにまで行くことになり、やはり疲れました……。

 

それでも、大きく体調を崩すことなく行って帰ってこれただけで充分なのかもしれません。