読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワードローブの危機

最初に断わっておきますが、私は着るものにあまり興味がありません。持っている靴はサンダル、スニーカー、バレエシューズ、レインシューズ、パンプス、ブーツをそれぞれ各1足ずつの合計6足。バッグは普段使いのものを1つと楽器を入れるかばん、礼装用、おそらく15年くらい使っている2~3泊用のトートバッグ、それ以上用のキャリーバッグくらいしか持っていません。

 

服にもそれはあてはまり、季節ごとにボトムが最低3着でトップスがその2倍あればいいと思っているのですが……。最近、私は持っているカットソーがボーダーばかり、シャツはチェックばかりであるという事実に気が付きました……。そして、秋物を出してきたら、そこにもボーダーのカットソーがorz

 

いくら興味がないといってもこれはまずいので、買い物に出かけました。ただ、あらかじめホームページを見てチェックしたものが実は通販限定で店舗にはなかったり、その他にもけっこう広いショッピングモールを歩き回ってもあまり「これだ!」というものを見つけられませんでした。つまり「今流行っているものがあまり好きではない」ということで、割とよくあることです。私はいくら流行っていても好きでないものは着ません。

 

かと言って、このままでは着る物に困るのも事実。とにかく呪文のように「カットソーはボーダー以外、シャツはチェック以外」と頭の中で唱え続け(笑)、無地のカットソーを2枚とボーダーでもちょっと変わった柄のものを1枚、それにカーキのコーディガンを購入。トップスばかりとはいえ、一度に4着も買うのはすごく珍しいです。

 

そして帰宅後、ちょっとくたびれてきていたボーダーのカットソーを2枚、処分しました。シャツがチェックばかりという状況は変わりませんが、無地の服が増えたことでだいぶバランスがよくなった気がします。

 

考えてみれば、去年の今頃は手術を決めていろいろと考えることがあり、とても新しい服を! と思える精神状態ではありませんでした……。手術後はハイネックの服をだいぶ買い足しましたが、それまでに買った服といえば入院用の前開きのパジャマくらいです(笑)。

 

あとひと月ちょっとで、手術から1年です。