読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電話で血液検査を依頼する

前回の診察で気になることを話したけど流されてしまったと書きましたが、年が明けてもその状況は変わりません。次回の診察が近付くにつれ、「きちんと検査して、この状態が甲状腺ホルモンの異常と関係あるか調べてほしい」と思うようになり、市民病院に電話をかけました。

 

前回の診察で体重が増えたり、末端が冷えたりすることを言ったものの具体的な検査には至らなかった、血液検査で甲状腺ホルモンの値を調べてほしいと言ったところ、「先生に話をして血液検査をするかどうか判断してもらいます。また後日電話をいただけますか?」ということでした。

 

そして今日、再度電話をしたら、「先生から血液検査のオーダーが出ました。ただ、検査項目がたくさんあるので、採血してからの診察ではなく、一度診察して話を聞いてから必要な検査項目を指示して血液検査を行い、その結果を見てもう一度診察します」とのこと。

 

というわけで、次回の診察は時間がかかることが決定したので、本を持って行こうと思います。診察は変わらず2月上旬です。