ショック!

私は数年前から、某スポーツメーカーのバレエシューズを愛用しています。ただ、さすがに時間が経って古くなってきたので、そろそろ次のものが欲しいなとあちこち物色していました。以前のメーカーのものはあまりデザインが選べないことと決して安くはないため、他のメーカーを中心に探しました。

 

ネットでデザイン重視で探し、その上で量販店からスーパーのテナントからファッションビル、デパートまでかなりの候補のものに足を入れてきましたが、どれ一つとして痛みを感じないものがありませんでした。ただ、そうは言っても買い替えたいのは事実。その中で「まあこれならマシかな」と思えた、これまた某スポーツメーカーと某アパレルメーカーがコラボしたというパンプスを購入しました。ちなみに値段は8,000円くらい、私としては安くもないけど高くもないイメージです。

 

そしてその新しい靴を履き始めたのですが、ためし履きの時は痛みを感じなかったのに、実際に履いてみるとけっこう痛く、それも、歩いたというほど歩かないうちに痛み始めてしまいます。これはまずいぞと思い、買ったお店に連絡して、特にきつい右足を広げてもらいました。一週間くらいかけていい感じに広がったのですが、それを履いていると以前とはまた違うところが痛むのです。

 

これはもうだめだろうと思い、私は最初に書いた某スポーツメーカーの店舗へ行って足の形を測定してもらいました。

 

その結果、

「土踏まずがほぼなくなっていて、その結果、足のサイズが伸びている」

「かなり内股で歩いていて(自覚あり)、足の先と土踏まずが別の方向に歪んでいる状態」

「これでは市販の靴を痛みを感じずに履くことは難しい」

と言われ、かなりのショックを受けました……。

 

特に最後の言葉が一番効いたかもしれません。「土踏まずのアーチって回復するんですか?」と聞いたところ、「足の裏の筋肉を鍛えることはいつでもできます。そうですね、とりあえずタオルを引き寄せるとか、歩くときにきちんと指先で地面を蹴ることを意識するとか」との答え。これは早速実行しようと思います。そして、「1年に1回くらいアーチの状態を確認するために来店してしてもいいですか」と尋ねたら「年1回ではあまり変わらないので、2年に1回で大丈夫です」とのこと。

 

今回のことは甲状腺とは無関係でしょうけど、手術後にあまり身体を動かさなかったことが影響しているのではないかと思います。何と言うか、自覚症状がなくても定期的なチェックは欠かせないんだなあと実感しました……。