予備のフルートのケースを買う

久しぶりにフルートの話。

 

私が今使っている楽器は2本目で、以前使っていた初心者用の楽器は普段は使わず、クローゼットの上で保管しています。何しろ学生時代に買ったものなので古さは相当ですが、今の楽器を買う前にガンガン息を入れた楽器なので、状態はそう悪くないと思っています。

 

そんなとき、パートのメンバーがパート練習中に普段ならしないミスを頻発するのを見て、「もしかして楽器の調子が悪い?」と聞いてみたところ「はい」という返事が。調整に出すとしてもそこそこ時間は必要、おまけに本番は間近に迫っています。これは私の楽器の出番だ! と思い、帰宅して久しぶりに予備の楽器を出してみてびっくり。

 

フルートケースの外側が完全に劣化していて、触るとものすごくべたべたするのです。一応、問題なく音は出たのですが、貸すにしてもこれはさすがに気が引けて、「フルートケースだけ」を探すことにしました。

 

とりあえずあちこちのお店をリストアップして電話をかけまくったのですが(笑)、とりあえず、最初にかけたのはこのフルートのメーカー(某国内有名メーカー)で、「12,000円で購入可だが在庫がなく2~3ヶ月待ち、通販可能」ということでした。その他にも近隣のお店に問い合わせましたが、やはりケースだけの在庫を持っているところはありません。「うーん、どうしようかなあ」と思い、そういえば私の今使っているフルートのメーカーは修理から出発したところだったと思い出して聞いてみたところ、「在庫はあります」と言われたのですが、何と値段が27,000円! 

 

メインで使っている楽器のケースが壊れたならともかく(ちょっと状況は違いますが、以前ピッコロのケースが壊れたことがあり、修理のため東京まで出向いたことがあります)、予備の楽器なのにそこまではお金を出すのはちょっとためらいます。とりあえず「検討します」と電話を切り(便利な言葉だ)、今度は少し離れたところにある某国内総合楽器メーカーの店舗に電話し、同じことを聞いてみました。

 

すると、初めて違う反応が。「ケースだけをお探しなのですよね? ケースカバーとケースが一体になった商品があるのですが……」とのこと。私も初耳だったので、「何と言うメーカーですか?」と聞き、ネットで検索するとありました。しかも純正品の半額近い金額で!

 

ただ、扱いがあるだけで在庫はないということなので、一度お店にメーカーに問い合わせてもらうことに。そして「でも入らなかったら購入できませんが……」と断ると、「今までに入らなかったことはないそうです」という頼もしい言葉が返ってきました(笑)。というわけで電話で注文し、後日、店に楽器持参で出向いてきました。

 

問題のケース、確かに楽器は入ります。ただ、付属品というか当然持ち歩く必要のあるものでは、掃除棒とクロス、ガーゼしか入りませんでした(私は今の楽器のケースカバーにはこれらの他にクリーニングペーパー・パウダーペーパー・シャープペンシル・小さな消しゴム・耳栓・ピッコロのグリス・綿棒・電子メトロノーム・チューナー・精密ドライバーなどを入れています)。でも贅沢は言っていられません。楽器は入ったので問題なし! と判断して購入し、古いケースは引き取りをお願いしました。

 

そうして貸した古い楽器ですが、貸したメンバーが今使っているものとメーカーだけが違って材質(頭部管銀)は同じなのに「吹きやすい」と好評で、すでにフルートパートの予備の楽器のようになっています(笑)。