ようやく回復

ようやく回復しました。長かった……。

 

今回はかかりつけの内科に行ったらまさかにお盆休みだった(!)ので、以前、包丁で左手の指先をざっくり切ってしまったときに行った外科が内科も併設していたことを思い出し、そこに行こう! と思ったのですが、あまりにも前過ぎて場所を忘れていました(笑)。

 

余談ですが、私は「○○の曲を練習していたとき」や「××さんと一緒に本番を吹いたとき」というふうに記憶していて、はたしてそれが何年前だったのかほぼ覚えていないのですが(汗)、今調べてみたら指を切ったのは6年ほど前のことでした……。それ以降は行っていないのですから、忘れるわけです。

 

それはともかく、財布から診察券を取り出して携帯で住所を調べ、その医者に向かいました。内科では初診なので、お薬手帳を提示しながら自分の体質やら合わない薬やらの話をして、薬を出してもらいます。当然ながら薬もあまりなじみのないものばかり。これで本当によくなるんだろうかと疑問を抱きつつ薬を飲んで安静にして過ごしますが、数日経っても一向に回復しません。

 

薬はまだ残っていましたが、週末にかかるタイミングだったので、再度、同じ内科を受診しました。効果がないと言ったからか、薬を少し強いものに変えてもらいましたが、それでも目に見える回復状況ではありません。

 

そうしているうちに週が明け、かかりつけの内科が診察開始となったので、今度はかかりつけの内科に行ったところ、休み明けでとてつもなく混んでいまして……。受診するまでに1時間かかり、さらに薬を出してもらったところ、調剤薬局のほうで「以前副作用が出たと教えていただいた薬が出ていましたので、ちょっと確認しています」と待たされ、ようやく呼ばれたら今度は「この漢方薬は鼻水を止めるお薬です」と症状にない薬を出されたのでそう言ったら再度確認で待たされ(漢方薬の数字が違っていました)、結局ほぼ午前中いっぱいかかってしまいました。

 

さすがに、ここでもらった薬を飲んだら回復してきたのですが、それでも完全に治ったのは昨日でした。最初に行ったのがかかりつけではないとはいえ、一つの症状で3回も医者に行ったのは初めてのような気がします……。

 

ふと気がつけば、甲状腺腫瘍が発覚して2年目の夏はこうして終わろうとしています。とりあえず、暑さがだいぶ和らいできたので、ずっとやめていたドレニゾンテープを再開します。