別れは突然に

甲状腺とはまったく無関係ですが、高校入学をきっかけに使い続けてきたソフトコンタクトレンズをやめる決断をしました。

 

事の発端は旅行後に目が痛くなってしまったことでした。こういうことは以前もあり、「旅行で長時間レンズを付けていたからちょっと傷ついただけでしょ? きっとヒアルロン酸入りの目薬を処方されて一週間くらい我慢すればまた付けられるようになるよね」と思いながら気軽に眼科を受診しました。受診の結果、「傷がついている」と言われたのは予想通りだったのですが、処方されたのは「細菌による感染症を治療する点眼薬」ビタミンB2を補い、目の炎症を改善する点眼薬」で、しかも先生に「もしかすると、レンズに傷がついてるかもしれないよ」と言われたのです。

 

当たり前ですが、レンズに傷が付いているのであればレンズを何とかしないとまた目に傷がついてしまいます。たまたま、まだ保証期間内だったので少し遠出してコンタクトレンズ屋さんに行って、レンズに傷がないか調べてもらいました。幸い、傷はなかったのですが、それでも念のため新しいレンズに交換して実際に付けてみたところ、左目がやけに見にくいのです。担当の方にそれを話し、ではちょっと弱めだった左目の度数を上げることにしましょうと言われました。たまたまレンズの在庫がなく、とりあえず1dayのものを一週間分処方されて後日配達するということで帰宅しました。

 

ただ、それからたった数時間付けているだけでも少し気分が悪くなってしまったのです。帰宅してすぐにレンズを外し、何でこうなったんだろ? と考えたところ、そういえば一度レンズケースを洗面台にぶちまけたことに気が付きました……。なので、処方されたものとは左右を逆にして付けていたかもしれないのです。

 

それから私はすぐにコンタクト屋さんに電話をし、とりあえず注文を止めてもらいました。その上で、気分が悪くなったのはたまたまかもしれないので、少し様子を見て、また改めて連絡することにしました。

 

そうして数日後に再びいただいた1dayのコンタクトを付けてみたのですが、やはり気分が悪くなってしまいました。コンタクトは長ければ一日中付けるときもあるので、これでは困ります。というわけで、再度コンタクト屋さんに出向いて度数を変えてもらい、いろいろと話して「これしかない」度数を処方してもらい、念のため2weekの使い捨てコンタクトを付けた上で本品を持ち帰りました。

 

コンタクト屋さんに出かけた日はきれいに晴れていたのですが、今度は右目が見えづらく非常に怖い思いをしました。でも、コンタクトでは「これしかない」処方なのです。しかも折悪く来年には免許の更新をしなければなりません。困った私は、今度は眼鏡屋さんに駆け込みました。

 

眼鏡屋さんで一連の事情を説明し、いろいろと検査をしてもらったところ、どうもコンタクトよりも眼鏡のほうが勝手が良さそうだという結論に達しました。で、レンズだけを替えようとしたのですが、今の眼鏡を作ったのは2011年2月で、見た感じフレームも傷んでいるということで、今のものを予備にして新しく作ることを勧められました。確かに今は眼鏡の予備がないので、それも納得です。

 

フレームとレンズの種類を複数選んでひとまず持ち帰り、主人に相談したところ、「それならコンタクトにこだわる必要はない」ということだったので、もうコンタクトはやめて眼鏡で過ごすことを決意しました。そして改めて眼鏡屋さんに電話をして新しい眼鏡を注文しました。コンタクト屋さんには未開封のコンタクトレンズと保存液を引き取っていただくことにして、使いかけの保存液と2week用のレンズはこちらで処分しました。 

 

それにしても、年数にすると20年以上お世話になってたコンタクトをやめる日が来るとは……。というか、コンタクトが眼鏡よりも使い勝手が悪くなるとも想像していませんでした(眼鏡ユーザーの方、すみません)。ちなみに、コンタクト屋さんに最終的に事情を説明した際には「まあ眼鏡のほうがコンタクトよりも目に優しいですからね」と言われ、ちょっと苦笑いしました。

 

何だか去年から今まで「当たり前」がいろいろと変わっていくのを感じます。これも歳のせいなのでしょうか……(汗)。