祭りの後

所属する吹奏楽団の定期演奏会が終了しました。毎度のことながらバタバタでした。

 

特に今回は子宮内膜ポリープのせいで3月中旬の精神状態は最悪、個人練習もどうにもやる気が出ないし運営上の準備も滞った上に去年担当していたメンバーが仕事で忙しかったため、一番大変な係の事前準備をほぼ一人でやる羽目になりました……。去年から大変だしきついと思っていましたが、今年は初めて「演奏会の運営に関する仕事量が自分のキャパシティを超えている」とはっきり自覚させられるできごとがありました。

 

幸い、周りのメンバーにもそれは知られていて、複数の仲間から「何か分担するよ」という声がかかっているのはありがたいのですが、何を頼めばいいんだろう? と考えています……。

 

演奏の面では、去年の経験から「前日や当日の音出しの時間が取れないかもしれない」ことを前提にいろいろ対策を立てたので、少なくとも去年のようなあからさまなミスはありませんでした。ただ、細かいミスはいろいろとあり、相変わらずパーフェクトでないんですよねえ……(嘆息)。演奏会の一部(クラシックや吹奏楽オリジナルのステージ)全てをパーフェクトに演奏できたことはいまだに一度もありません。これは引き続き目標としていく必要があります。

 

以前も書きましたが、演奏会関連ではその後の報告を持って一区切りなので、もう少し頑張ります。