手術前検査・手術の説明

先日、子宮内膜ポリープ切除手術に備え、手術前検査に行ってきました。

尿検査・血液検査・呼吸器検査・心臓とお腹のレントゲンを撮って、だいたい1時間くらい。検査だけなのでさほど待たずに済みました(笑)。

 

それを踏まえて、今日は主人同伴で検査結果を聞くのと手術の説明のために再び病院に出向きました。予約は14:30で、診察室に呼ばれたのはやはり15:30少し前でした……。主人には「とにかくひたすら待たされるよ」と言い、文庫本を3冊持って行ったので時間を持て余すことはありませんでしたが(笑)。

 

そして、山ほど書類をもらって帰ってきました。帰宅して数えたところ、書かなければいけない書類が8枚ありました……。甲状腺のときより簡単な手術のはずなのに、甲状腺のときよりはるかに書類が多いです。何故?

 

あとは生理が来るのを待つだけなのですが、病院から指定された「この日までに生理が来ない場合は手術を一週間延期する」という期限が、いつもの生理周期より微妙に早いのです。休む時期が違うといろいろな段取りが変わってくるんですよねえ……。いつ生理が来るかは自分ではどうしようもないと分かってはいるのですが。