手術当日

 夜中に2回ほど目を覚ましたが、手術前日にしてはよく眠れたほうだと思います。6:00少し前に看護師さんがOS-1を持ってきてくれて、花粉症の薬と一緒に飲みました。そして指示通り、7:00までに500mlを飲み切ります。

 

 9:00ちょうどに手術室に入るそうなので、8:20頃に術衣に着替え、その上からパジャマを着ました(こんなときでも甲状腺の手術跡を極力隠したい私)。8:50に歯磨きをして、歩いて手術室へ。あれこれ確認され、身体を手術台に固定される。点滴の針を入れて「痛み止めの点滴を入れます。少し痛みがあるかもしれません」と言われ、確かに針の刺さった場所が痛いなと思っているうちに意識が途切れました。

 

 

 「終わりましたよ」と声をかけられて意識が戻ったのですが、例によって病室に戻るまでの記憶は曖昧です。ただ、口の中は少し甘い感じが残っていたが、甲状腺のときのような吐き気はまったくありません。

 

 病室に戻ったのが10:50くらいで、このとき、生理痛のひどいときのような痛みがあったので痛み止めの座薬を入れてもらいました。そのとき看護師さんに、出血も多少はありますがあまり増えてないので問題ないでしょうと言われた。

 

 13:30頃に尿意を感じてナースコールをしたところ、看護師さんに「トイレまで歩いてみましょうか」と言われる。点滴のホルダーを持ってゆっくりトイレまで歩いたが、問題はなさそうでした。ついでに少し水も飲んでみるが、こちらも平気そう。ここで、少し早いのですが酸素マスクと足のマッサージが外れ、術衣からパジャマに着替えます。この時点で寝返りもOKだそうなので、腰痛解消のため寝返りを打ちました。ただ、トイレに行く以外は横になっていて、ときどきうとうとうしました。

 

 点滴は17時過ぎに終わりましたが、万が一に備えて針は刺さったままなので、うっかり左手の甲に体重をかけると痛みがあります。その後は身体を起こして過ごしていたら、ベッドに敷いていたバスタオルに薄い血痕を発見。ということは、と下着を確認したら、やはり後ろのほうにも同じような血痕があった。ただ、パジャマにはなかったので、出血したのは術衣でいたときだけということになります。

 

 ひとまず身体は自由になったので、近くの談話室から実家に電話をしました。その後の夕食も苦手な食材以外は間食し、処方された抗生物質を飲み始めます(3日分)。それを見て主人は帰宅し、ここまでの記録をつけました。

 

 19:30頃に夫の母にも電話をかけ、戻ったときに婦人科の先生が来てくれました。予定通り、明日の朝に診察をして、問題がなければ退院だそうです。それから本を読み、20:00過ぎに「関ヶ原」を読み終えた。次の本もあったが、ロッカーから出すのも手間なので、おとなしく休むことにしました。

 

 

(この話は後日投稿しています)